返済できなくなった時はどうすればいいの?

便利なカードローン

 

ポイント

今はカードで支払いをすることは普通ですが、更にカードを使うことで貯まるポイントを目的に、どちらかと言うと積極的にカードを使っている感じはあります。
 
このポイントはバカにならなくて、毎月の生活費や光熱・通信費などを出来るだけ1つのカードにまとめて何となく過ごすと、気が付いたら1万円分とかのポイントが溜まっていてとても嬉しかったりします。

 

これまで幸いなことに、今までカード払いの返済が出来なくて困ったことはありません。ただ一度、利用上限を上回っているとかでお店で利用出来なかったことはあります。
それでも、先月分のカード払いの請求が思ったより多かったりすると焦ってしまいます。そんな時は貯金を崩したりして何とかしのいだこともありました。
でもそんな手は何度も使えません。贅沢をしているつもりはありませんが、いろいろな物入りがあった場合は、その分節約したりしてやりくりしているのは皆さん同じだろうと思います。

 

もしカードの支払いが出来ない位にお金が足りないことがあったらと思うと、ポイントが貯まるのも嬉しいですが、なるべく使わないようにしようと思ってしまいますね。
 

返済出来ないカードローン

 

本当にカードローンの返済で困った場合、大きくは2つの対処方法があると思います。

 

1つは返済出来ない状態が今回だけの場合の、いわゆる瞬間風速的な場合です。
もう1つは考えたくもありませんが、不況で賃金やボーナスのカット、最悪は倒産などで収入自体が当分あてにならなくなった場合です。

 

実はどちらにしても、支払いが出来なくなったと思ったら、まずカードローン会社に連絡するというのが鉄則です。

 

1つ目の瞬間風速的な場合は、まだ何とかなりそうです。と言ってもカードローン会社に支払いをしなくて済むようになる訳ではありませんが、ある程度猶予はしてもらえます。
そこはカードローン会社も社会的な責任を負う企業ですので、いきなり厳しい取り立てをしてくる訳ではありません。こちらが真摯な態度で相談すれば、同じように真剣に話を聞いてくれて一緒に対処法を考えてくれます。
 
問題は2つ目の収入減の場合です。この場合は正直カードローンの問題では無くなっているかも知れませんが、避けては通れない問題です。
今後の収入があてにならない状況となっている以上、支払いを少し待ってもらうだけで済む問題では無くなっているからです。
繰り返しですが、この状況でもカードローン会社に正直に相談することが一番の方法であることに変わりはありません。

 

返済出来ない場合

 

正直にカードローン会社に相談すると、返済日を多少待ってくれる場合があります。それは例えば次の給料日とかのあてがある場合です。
・正直に相談する → 返済可能な予定まで待ってもらう → 遅れても返済できればOK、となります。この場合、返済額に変更はありません。
ここで返済可能日が遅くなる場合は、遅延損害金(延滞遅延金)を支払うことになる可能性がありますが、これもカードローン会社と連絡を取り合いながらの場合は金額以外、特に問題にはなりません。

 

問題は、黙って返済しない場合です。
この場合でも、最初は大きな問題ではありません。ついうっかり忘れてた、なんて人も多いので、カードローン会社からすればまあ誤差の範囲のようなものでしょう。
・返済日に返済無し → カードローン会社から確認連絡あり → 返済予定を約束する → 遅れても返済すればOK、となります。

 

問題は、返済予定の約束を守らなかった(守れなかった)場合です。こうなると段々雲行きが怪しくなってきます。
・返済予定を約束する → 約束を反故にする → カードローン会社から連絡あり → 言い訳して返済予定を約束する → 約束を反故にする → カードローン会社から連絡あり
この繰り返しは1ヵ月が限界だと言われていますが、カードローン会社により違いはあるかも知れません。
こうなって来ると、カードローン会社も本気に取り立てモードに変わってきます。

 

具体的には、連日の連絡があり、担当者の自宅(会社)訪問があり、督促状が来て、最後は裁判所からの支払い命令が来るようになります。こうなると最悪は自己破産が見えてきます。

 

自己破産をすると、確かに支払い義務は免除されますが、官報に個人名が載るとか、特定の職業に就けないとか、クルマやマイホームなど必要最低限の生活用品を除く全ての財産が没収されたりします。
また、いわゆるブラックリストに載り、今後5〜7年程度は新たな借金やローンを利用することも制限されますし、その間は次の自己破産も出来ません。

 

まとめ

 

カードローンの返済で問題が起きた場合は、まずカードローン会社に相談する。そして一緒に対策を考える。それが一番の方法ということを覚えておきましょう。